目的から探す

メルマガを確実に届けたい

エラーメール解析を自動化して、手間を軽減!
さらに到達率99%以上を実現します

メールマガジンを運用していく上で、メールの不達は大きな問題です。
ここではメールの到達率を上げるのに便利な「エラーメール解析」について紹介します。

メルマガ運用に必須のエラーメール解析

毎回、原稿作成に苦労しながら配信しているメルマガなのに効果が下がっている。その原因のひとつにメールの不達があります。配信しているメルマガはきちんとお客様に届いていますか?ひょっとして実際には届いていないのかもしれません。
日々の運用の中で、エラーメールの解析は行っていますか?メール配信において、エラーメールの解析は非常に重要です。なぜならエラーメールを放置して送り続けると、送信元のIPレピュテーションが下がり、スパムメールと混同され、受信する側でブロックされることがあるからです。

  • 送信元のIPレピュテーション
    (評価)が下がります。

  • 特定のISP、携帯キャリアに
    メール送信ができなくなります。

エラーアドレスは自動で除外

エラーメール解析は独自の3段階ロジックで解析を行い、メールが届かない理由を特定、閾値を超えたメールアドレスは自動的に配信リストから除外します。

1
  • ・メールサーバーから返ってくるエラーコード解析
  • ・宛先MTAが返すDSNのエラー理由を解析
 
2
  • ・エラーメールのメッセージ解析
  • ・宛先MTAが生成するエラーメール内のメッセージ解析
 
3
  • ・エラー理由別メッセージパターン解析
  • ・宛先ドメインやエラーメッセージ、DSNとの組み合わせを実施、
    エラー理由別のメッセージパターンと照合解析
1
  • ・メールサーバーから返ってくるエラーコード解析
  • ・宛先MTAが返すDSNのエラー理由を解析
2
  • ・エラーメールのメッセージ解析
  • ・宛先MTAが生成するエラーメール内のメッセージ解析
3
  • ・エラー理由別メッセージパターン解析
  • ・宛先ドメインやエラーメッセージ、DSNとの組み合わせを実施、
    エラー理由別のメッセージパターンと照合解析
  • 配信アプリを利用するケース

    アドレス毎にエラー理由とエラー回数を
    確認することができます。

  • リレーサービスのオプションで利用するケース

    リストをCSVでダウンロードで提供します。
    (エラーリスト画面はありません。)

閾値を越えたメールアドレスは自
動的に配信リストから除外

  • ※自動的にエラーアドレスを除外する機能は配信アプリ利用時のみとなります。リレー配信のみご利用のお客様はオプションとしてエラー解析のご契約をいただき、配信リストからエラーアドレスを削除する際は、お客様で実施いただく形となります。

利用するメリット

  • リスト管理の工数の削減!
  • エラーメールに起因する遅延を防止!
  • 到達率をアップ!

利用料金

ライトプラン
初期費用:¥50,000(税抜)
月額費用:¥60,000~(税抜)

※この他にも様々なプランを用意しております。お気軽にお問い合せください。

大量・高速メール配信の詳しい事例あります。お問い合せ・資料請求はこちら