Home 初めてのSSL SSLとは

SSLとは

SSLとは

SSL(Secure Socket Layer)とはインターネットで暗号通信を実現する仕組みのことです。SSLを導入することで、個人情報・クレジットカード情報など、ユーザーの大切なデータを安全にやりとりできます。またSSL証明書はサイトの所有者を証明するため、なりすましを防ぐことができます。

SSL通信をしている時の見分けかた

SSLの役割

盗聴、改ざんを防ぐ、データの暗号化

個人情報やクレジットカード情報など、見られたくないデータをやりとりする場合はSSLを使いデータを暗号化します。暗号化されているため、万一データが見られても第三者からは内容がわからず、データの改ざんも防止できます。

なりすましやフィッシング詐欺を防ぐ、サーバの認証

大切なデータを送るときには、送り先のサーバがなりすましではなく、信頼できるサーバであるか確かめる必要があります。送り先のサーバからSSL証明書を受け取りクライアントで検証することで、信頼できるサーバかどうかを判断する仕組みとなっています。

SSLの役割

Webから無料でお見積もりが即時可能です。
SSL証明書クーポンの新規取得・更新・他社からの乗り換えにぜひご活用ください。