ニュースリリース

ホーム ニュースリリース ECパーソナライズド・商品検索・レコメンド最大手のゼロスタートと連携し 「人工知能・機械学習の分散処理プラットフォーム」を提供開始

インターネット関連事業会社のテコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田健作、以下テコラス)は、EC商品検索・レコメンドを始めとしたパーソナライズドECソリューションを提供する株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:山崎徳之、以下ゼロスタート)と連携し、ビッグデータ分析向けの新ソリューションである「人工知能・機械学習の分散処理プラットフォーム」の提供を開始します。

昨今、人工知能やディープラーニング(深層学習)などのキーワードが注目されています。特にマーケティング分野における人工知能の活用領域は、ますます広がっており、機械学習による自然言語処理や顧客行動予測など様々なシーンで活用され始めています。

ゼロスタートでは、コマースにおけるディープラーニング活用の本命は、消費者と商品の分類であると考え、自社製品のEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZERO ZONE SEARCH」、レコメンドエンジン「ZERO ZONE RECOMMEND」に機械学習の機能を導入しています。
一方テコラスでは、多数のマルチGPU[※1]ノードで構成された基盤や、企業向けのデータ解析基盤(Hadoop2[※2]/YARNベース[※3])といったITインフラの構築・運用の実績があります。

本サービスは、ゼロスタートの大手ECサイトのシステム開発・製品導入により蓄積したノウハウから開発したシステムと、機械学習に必要な最新の分散処理フレームワークにニューラルネットワーク[※4]関連のフレームワーク及びGPUノードを組み合わせたデータ解析基盤を連携させた「人工知能・機械学習の分散処理プラットフォーム」です。
多様なお客様の要望に応えるため、Hosted(月額利用型)/Dedicated(専有型)に加え、各種クラウドサービス(パブリッククラウド/ベアメタルクラウド)での提供を行う予定であり、ECサイトだけに限らず、様々なビッグデータ分析への活用も見据えています。

本取り組みを機に、両社の強みを活かし、より一層お客様に有益なサービスを提供するため、より高い費用対効果・付加価値を最新のテクノロジーで実現したサービスを展開していきます。

※1:3Dグラフィックスの表示に必要な計算処理を行う半導体チップです。
※2:大規模データの蓄積・分析を分散処理技術によって実現するオープンソースのミドルウェアです。
※3:任意の分散処理フレームワークやアプリケーションの作成を容易にするHadoop 2.0で導入されたフレームワークです。
※4:人間の脳の神経回路の仕組みを模した数学モデルです。

ゼロスタートのプレスリリースは、こちらとなります。

関連URL

・レコメンドエンジン「ZERO ZONE RECOMMEND」
 http://zero-start.jp/products/zero-zone-recommend
・CLOUD GAMING PLATFORM
 http://www.datahotel.ne.jp/info/cloudgaming/

株式会社ゼロスタートについて(http://zero-start.jp/)

所在地   :東京都目黒区大橋2-22-6 唐木ビル5F
代表    :代表取締役社長 山崎 徳之
設立    :2006年4月
事業内容:ECソリューション「ZERO ZONE」の開発・販売

テコラス株式会社について(https://techorus.com/)

所在地   :東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階
代表      :代表取締役社長 嶋田 健作
設立      :2007年4月
事業内容:データセンター事業・クラウド事業・マネージド事業・EC支援事業・広告支援事業・セキュリティ事業

 

本件に関するお問い合わせ先

■株式会社ゼロスタート 
TEL:0120-859-433      
※お問い合わせは、こちらからお願いします。

■テコラス株式会社 経営支援チーム
TEL:03-5155-2018
※お問い合わせはこちらからお願いします。