ニュースリリース

ホーム ニュースリリース フォースクーナ株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

データセンター・インターネット関連事業会社の株式会社データホテル(東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田健作、以下データホテル)は、2013年4月10日にフォースクーナ株式会社(東京都新宿区、代表取締役:三角正樹、以下フォースクーナ社)の全株式を取得し、子会社化したことをお知らせいたします。

データホテルでは、マネージドホスティングサービスを主力としたデータセンター事業を展開しており、近年のクラウドサービス市場の成長に伴い、事業の強化とサービスの拡充を推進してまいりました。

フォースクーナ社は、MSP(マネージドサービスプロバイダー)をオンプレミスのサーバにとどまらず、パブリッククラウド上のサーバへも提供する事業を展開しており、データホテルがもつサービス提供基盤と合わせることで、ITインフラにおけるマネージドサービスの拡充とよりきめ細やかな提供が可能になると考え、株式の取得をおこないました。

フォースクーナ社が提供している各種サービスと合わせ、両社のシナジーにより、これまで以上に信頼性と利便性を追求したサービスをご提供していきます。

なお、フォースクーナ社にて提供をおこなっていた、運用自動化プラットフォーム「Kompira(コンピラ)」については、2013年4月1日に三角正樹氏に事業譲渡され、2013年4月11日より株式会社フィックスポイントとして事業をおこなっています。

フォースクーナ株式会社について (http://www.forschooner.net/)

「フォースクーナ株式会社」は、マネージドサービスを中心に、企業のITシステムにおいてより安定したシステム稼働を実現するための事業を展開をしています。
会社名 フォースクーナ株式会社(ForSchooner Inc.)
会社設立 平成15年6月17日
代表者 代表取締役 三角 正樹  100%保有
事業内容 ITシステム監視・運用・構築・保守、レンタルサーバ(ホスティング)、クラウドシステム構築・運用
本店所在地 東京都新宿区大久保2-4-12
従業員数 16名(譲渡対象事業の人員12名)

株式会社データホテルについて (http://www.datahotel.co.jp/)

2012 年1月1日に「株式会社ライブドア」から社名変更した「株式会社データホテル」は、データセンター・ネットワーク関連事業に特化し、事業展開しています。 提供するサービスは、データセンター事業、ホスティング事業、ASP 事業、インターネット接続サービス事業など多岐にわたり、約8,000社を超えるお客様にご利用いただいています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 データホテル 広報担当 山川 英治(やまかわ えいじ)
TEL:03-5155-2018
※お問い合わせはこちらからお願いいたします。