Google Apps(G Suite)から
Microsoft Office 365 への導入・移行を支援

東洋システム株式会社 様 導入事例

東洋システム株式会社について

東洋システムは、基幹業務・生産管理・物流システムの開発、クラウドやERPなどITを活用した各種ソリューションサービスを提供する独立系IT企業です。中国をはじめアジア各国にも進出。中国では上海に現地法人を設立し、金融系システムやスマートシティプロジェクトなどに参画しています。ほか、インド、ベトナム、ラオスなどアジア諸国とのIT事業連携にも積極的にチャレンジしています。

TSC Challenge TSC Challenge
社名
東洋システム株式会社
内容
システム開発・各種ソリューションサービスの提供
設立
1976年(昭和51年)8月31日
従業員数
150名
URL
http://www.toyosystem.co.jp/

中国でのビジネス展開を進めるにあたり
GoogleAppsからOffice 365 への移行は急務でした

飯田様
代表取締役社長 飯田様

導入前の課題

これまで主力のグループウェアとして「Google Apps」を採用していましたが、中国でのビジネス展開を推進する中で、中国政府の規制により「Google Apps」が接続・閲覧が出来ない課題がありました。そのため、中国でも利用でき、さらには国内の拠点と情報連携を行う最適な業務アプリケーションの導入を検討しておりました。また、クラウド型のファイルサーバーを契約しておりましたが毎月発生するランニングコストを抑える代替案についても悩みを抱えていました。

経験豊富なNHN テコラスへ相談
不安だった「Office 365」の導入・移行支援を全てお任せ

Microsoft Office 365の採用の経緯

中国でも問題なく利用できるアプリケーションの候補として「Microsoft Office 365」が候補にあがりました。また、Office 365はデータセンターが日本国内にある点と、利用規約が日本法に準拠している点が安心して利用できることも採用のポイントでした。しかし、その一方で「Google AppsからOffice 365への移行がスムーズに行えるのか? 」と言った不安もあり、経験豊富なNHN テコラスにお任せすることにしました。

NHN テコラスの導入・移行支援

導入前のFit&Gapが充実しており、沢山の項目の中から当社に適した丁寧な要件を抽出してくださりました。ここまで細かくプロジェクトの作業をブレイクダウンしている企業はなかなか無いと思います。Active Directoryの構成についても的確なアドバイスをいただき、ベストな構成に改善していただきました。また、毎月発生していたファイルサーバーのコストについては、SharePoint Onlineがその役目を担えるとのことでコスト削減も成功いたしました。

今後の展望

テコラスさんからは導入支援以外にも素晴らしい提案をいただきました。グローバル拠点でのプロジェクト推進においてデータ資産の適切な管理を行う方法の一つとして、強力なSharePoint管理ツール「DocAve Online」の活用です。「DocAve Online」はSharePoint Online上の情報を常時監視をしたり、あらかじめ設定したポリシーに基づいたデータ管理が可能になりますので、組織内で統一されたポリシーに基づいて適切なデータ管理を実現することでガバナンス向上を計画しております。

Office 365へ移行することで、利便性の向上とコスト削減に成功

・Gmailやカレンダーなどの機能は、「Exchange Online」に集約

Exchange Onlineは、安全性の高いメール&スケジュールのサービスです。クラウドサービスですので、いつでもどこでもどんなデバイスからでも、メールが利用できるようになります。さらに、メールデータを保全する自動バックアップ機能や誤送信防止機能なども装備しています。コンプライアンスにも貢献します。

・Active Directoryを同期

Azure Active DirectoryをAzure AD Connectで同期することで、国内本社にいる情報システム担当者がUser ID / PWを一元管理できるようになった。ID管理を行う際の運用方法がシンプルになり、情報システム担当者の負荷が減った。

・グローバル展開をする上で利便性を向上

Office 365 の導入により、国内外問わずシームレスなビジネス環境を実現することで、いつでも、どこでも、どのデバイスからでも仕事をこなすことが可能に。ファイルをオンラインで保存、同期、共有できるので、ファイルはいつでも最新に保たれ、リアルタイムで同僚と一緒にドキュメントを編集することもできます。

紹介されたサービス